初心者向けにまとめたFX業者解説

書店で立ち読みしたFXの本で怖いという感覚がマヒした

初心者の頃は情報が欲しくて、インターネットでFXの記事を読みあさっていました。時間があまりない中で時間を何とか作り、毎日のように読んでいたのに、何かが物足りないと感じました。記事をどれだけ読んでも自信はつかないし、読めば読むほど自己流でやると大事な資金を減らしてしまうかもしれないと不安が押し寄せて来ました。書店に行くとFXの本が売っています。足を運んで立ち読みを繰り返しました。すると、希望が出てきて、私勝てるかも!と思いました。気持ちが高揚して、デモトレードでの練習をしないまま、本番の取り引きをしてしまったことがあります。80円を中心にした85円までのレンジで豪ドル円が推移していた時期で、時系列データを何度も見て、自分に言い聞かせていました。豪ドル円は80円を中心とした値動きをしているんだから80円で拾って84円付近で売れば儲かる。すると、嘘みたいに前向きな気持ちになり、激しく豪ドル円が下げていた日、80円付近で拾いました。よしっ、これで寝て待つだけだ!って。その後どうなったかというと、すんなりと80円を突破して78円に行きました。それでも不安にはならなかった。スワップをもらえるから、75円までは耐えてみるかと思って、損切りはなしです。1000通貨1枚しか買わなかったし、そう簡単に75円には行かないだろう、何処かで反転すると信じて疑わなかった。最悪の場合5000円の損になる事を覚悟して待っていたら77円で下げ止まり、日に日に80円に近づいて行って無事決済できました。だけど、ちょっと怖かったのですぐに売ってしまってあまり利益が出なかった。豪ドル円が80円に戻したのは2週間ぶりで、まさに不幸中の幸いでした。もう損切りしないトレードはありえないと思いました。

FXの初心者でも利益を出せる方法

私がFXを始めたのはその気軽さでした。
株などとは違ってドルやユーロなどは馴染みがありましたし、海外旅行に出かける際に、外貨を交換する時にそのレートに一喜一憂していたので、取っかかりが楽だと感じたからです。
しかも円ベースで考えるなら、円安でも円高でも利益を出すことが出来るので、とても美味しい投資法だとも思いました。
もちろん投資を始める前には本や専門誌を読みあさりました。
しかしながらやはり実践した方が分かりやすいと思い、まずは少額のお金で始めてみました。
少額なら初心者でもリスクを減らして投資が出来ますし、万一の時でも損失を小さくすることが出来ます。
本などにはとにかく損切りを入れておき、レバレッジは小さめにかけることが鉄則と書いてありますが、私の投資でもそれは本当に当てはまりましたね。
頭では損切りは分かっていても、「何となくいつかはプラスになるだろう」という気持ちが先行し、またマイナスになるのが嫌だったので、最初は損切りを全く入れませんでした。
幸いにロスカットもなることはなりませんでしたが、1年以上経っても結局は約定することはなく、新たな投資が出来ない状況が続きました。
結局2年過ぎてから約定することが出来ましたが、その際に損切りの重要さを身に染みました。
新たなポジションがもてないと利益が出せないので、絶対に損切りは必要不可欠です。
初心者の方は絶対にFXの鉄則に従ってトレードをして下さい。
小さな利益の積み重ねが大きな利益へとつながりますよ。

相場独特の常識を知ろう

FXのマーケットは24時間開いています。
とは言ってもシドニー、東京、ロンドン、ニューヨークと時差の関係で順次マーケットが開いて行き、参加者が違うということに初心者の頃は気づきませんでした。
外国為替市場は私たち個人投資家も参加できますが、基本的にヘッジファンドや機関投資家などのプロの戦場です。
プロですからよっぽどの場合がなければ、オフィスに来て取引をしている訳で、自宅でデイトレをしているのではありません。
ロンドン時間はヨーロッパの、ニューヨーク時間はアメリカのディーラー達が参戦しているので、相場の流れは大きく変わります。
最初のうちは、そんなことも知らずに取引をしていたのですから、可愛いものです。
例えば、東京時間でも仲値と言う輸出企業が決済に使う為替レートを決める時間帯があるのですが、ロンドンタイムにはロンドンフィックスという時間帯があります。
ディーラーはその時間に合わせてオプションを設定していることが多いのです。
つまり、ロンドンフィックスにある値段を超えていたらとか、超えていなかったらという条件で取引をしている参加者がいるのです。
ロンドンフィックスを過ぎたらオプションは行使または消滅し、一気にマーケットが動くなんてこともあるのです。
そういう相場独特の時間帯があるということは、知っている人には常識でも、知らない人は全く知りません。
要するに、初心者だった私は、いろいろな相場常識を知らないで、どの時間帯も同じ調子で取引をしていたら損をしてしまった。
初心者はしっかり勉強しないといけないという教訓を学んだという話です。

誰でもできちゃうMT4

最初は「MT4って何?新しいパソコン?」
それぐらい何のことかさっぱりわからなくて、実際にインターネットで調べることにしたんです。
FXに関するサイトはとても多く存在しており、結構人気のある為替相場取引だということを知りました。
また、多くの初心者がホームページ等で出回っているFX入門向けサイトで学習し、今の自分のように初めて取引をする場合、こういったサイトを見てFXについて学んだのかと思い、「よし!私も稼いでやろう!!!」と。
そしていざFXをしてみると、意外なほど簡単に手続きは開始でき、ちょっとした金額から始めることが出来るので、「負けても大した損失にならないからよさそう!」なんて考えている間に、すぐ手続きが整い、そしてFXを始めてみると、「えっ、結構簡単だし、フォローも充実してんじゃん。」
CMとかでも簡単、簡単といっていたので、少し疑っていましたけど、ほんと結構簡単で、初心者でもすぐにできちゃいました。
最初は張り付いて、相場の動きを見ていましたが一か月もしない間に朝の20分だけや夜の20分だけ、コンピュータでFXの動きを見るようになり、そして会社の中でも休憩中ちょこっと操作するだけで、多いときは結構稼いじゃったりしてます。
そして、資金に関しては、目安として最低で10万円あれば取引が可能とです。
ちなみに私は10万円からスタートをしました。
初心者の私でもすぐできたので、みなさんも一度お試しください。

初心者がFXの取引をして利益をあげることができる理由

人がお金を手に入れる方法にはいくつかの方法がありますが、その中の一つに投資をするという方法があります。
投資とは自分の持っているお金を使用して運用することによってさらにお金を増やすことを言います。
そのため投資をすることによって自分が仕事をしてもらう給料の他に収入源ができるのでより多くのお金を手にすることができるのでなるべく投資をしたほうがいいと言えます。
そして投資にもいろいろあり、どの方法ですればいいのか迷うこともありますが、投資をしてお金を増やしたいのであればなるべくやりやすいものがいいと言えます。
なぜなら投資をしてお金を増やそうとしている人は社会人が多く、社会人は投資の勉強をする時間はあまりないからです。
そして投資をこれから始める人にお勧めの投資にFX口座に一定の額のお金を入金して外国為替の取引をすることができるFXがあります。
なぜお勧めであるのかというと初心者の人でも利益をあげることができる投資だからです。
なぜ初心者がFXの取引をして利益をあげることができるのかというとその理由は取引をするにおいてチャートを利用すれば高い精度の取引をすることができるようになるからです。
チャートとはこれまでの為替の値動きを示したものでそれを基に今後の為替の値動きを予測するものですが、チャートは専門的な知識が無くても十分覚えられるので初心者の人がチャートの使い方を覚えてFXの取引をすることによって高い精度の取引がすることができ、これによって利益をあげることができるようになります。

初心者でもはじめやすいFX

FXとは、インターネット環境をして、個人でも取引を開始できる外国為替証拠金取引のことです。
一般的に投資には、多くのお金が必要となりますが、FXの場合、少額からでもはじめることができるため、個人の方々にも注目されています。
もちろん、FXには、メリットもあれば、デメリットもあります。
取引に失敗してしまうと、損失も出てしまうことがあり、リスクはありますが、FXに関することや経済に関することなど、幅広い知識を身につけて、勉強していくことで、リスクを回避しやすくなりますし、大きなチャンスも逃さず掴み取ることができる可能性も高まると思います。
FXの魅力の一つとして、初心者でもはじめやすいことがあります。
主婦の方など、家事をこなしながら、合間にインターネットやパソコン、タブレット端末などを使って、FX取引をしている方々もたくさんおられます。
取引の仕方自体は、登録するサービスに、初心者向けのガイドが付いており、誰でも簡単にはじめることができますし、FXの基本をしっかりと押さえたい場合も入門サイトや初心者向けの入門書もあるので、始めやすいと思います。
利益をしっかりと出したい場合は、新聞などのニュースを毎日欠かさずチェックするように心がけたり、経済の本などにも目を向けて、勉強してみるようにすることで、動きの予測も立てやすくなり、リスク回避につながったり、逆に大きな利益をつかめる可能性もあるので、日々勉強することも重要です。